施設案内FACILITY

北海道でミシュラン1つ星にランクされた伝統と革新の、若松へようこそ

おでむかえ

湯河原の町の中でも一層静寂な時が流れる高台に存する「若松 ゆがわら石亭」は創業97年の「割烹旅館 若松」の姉妹館です。
「割烹旅館 若松」が函館の地に 誕生したのは、大正11年(1922年)。以来、北海道を代表する観光地、函館 湯の川温泉において最高級のおもてなしを提供する老舗旅館として約一世紀にわたり愛され続けてきました。
割烹旅館であることにこだわり、お客様に最高のお料理と心遣いを提供していきたいと思っております。

エントランスには、若松のアイコンともいえる、若松提灯が並び、お客様をお出迎えいたします。夜のわか松提灯も風情がございます。

畳廊下が繋ぐ
穏やかなくつろぎ

「若松 ゆがわら石亭」の廊下は、全館畳敷き。
夏涼しく、冬暖かく。湯上がりの素足に心地よい感触です。
お部屋はもちろんロビーや大浴場など館内は素足のままでお過ごしいただけます。

しっとりと包み込んでくれるような京壁。

至高の城郭建築

バス停「理想郷」から続く急勾配の坂を上ると、目に飛び込んでくるのは切込はぎという高い技術工法で作られた石垣。山の上に立つ小さなお城の城壁のような佇まい。その上にそびえる旅館建物は、天守閣さながら。

若松のおもてなし、
「和」の心をこめて

「凛としていること」を
最も大切に

多くの画人・文人が愛した湯河原。
窓からは「相模の小京都」と呼ばれる湯河原の街を見おろす山懐に抱かれた城郭造りの『若松 ゆがわら石亭』。

数寄屋(茶室)造りの風情ある次の間付きの客室で心を見つめ直し、筆を取る。

そんな凛とした時間と空間をお届けしたいと思います。

季・器・機
三キのおもてなし

若松の会席料理は、茶事における三キのおもてなしの心。四季折々の旬の味を、厳選した器に丹念に配し、一品ずつお手元にお持ちいたします。北海道自慢の素材を最高の状態でお楽しみいただけるよう、あたたかいものはあたたかく、冷たいものは冷たいままに、箸の進みに合わせてお届けいたします。

旅の疲れを癒す、
「おうす」と「菓子」

上質な抹茶からおつくりする「おうす」は、香・色・喉越しがよく、まろやか。ご一緒にお召し上がりいただく菓子とも相性がよく、お口の中で抹茶の豊潤な香りとほのかな苦みが広がります。

「松のみどり」は、フランス・ダックワーズ地方で生まれた伝統菓子に、香りの良い抹茶クリームをはさんだ若松オリジナル菓子。抹茶の風味と上品な甘さの菓子で疲れを癒し、部屋いっぱいに広がる和の香りをご堪能くださいませ。